スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第92回




UKアラモードブーン!

ブーン!

ブーン!

F1が、右から左へ「ブーン!」

今の世の中、あれくらい早い。

昨日、常識だったこと。

今日、非常識になっている。

友よ。

君が常識だと思い込んでいる、それ。

今日も、常識のまま?

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第91回




UKアラモード「エレキなんてやってるから成績下がるのよ!次のテスト、成績悪かったらエレキ取り上げるわよ!」

次のテスト、成績悪かった。

エレキ、隠された。

隠し場所、すぐ分かった(笑)

小さな社宅に家族5人で住んでるんだもん、そりゃぁすぐ分かる。

でも、母親が怖いので、隠し場所を知らないフリしてた。

こういう時の母親は、父親より怖い。

エレキがないので、ガットギターを弾くことにした。

エレキがダメで、ガットギターが良いというのもいかがなものか。

エレキ⇒モヒカンが弾く⇒成績下がる

ガットギター⇒イニシャル入りのセーター着てる子が弾く⇒成績上がる

といったイメージか。

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第90回




UKアラモード友よ。

続きを話そう。

前回話したように、自分のことを客観的に見るというのはとても難しいことだ。

内側から見た自分を知ることはできても、外側から見た自分を知ることは難しい。

もちろん、内から溢れてきたものをカタチにして作品に昇華していくのは大切なことだが、それだけでは聴き手の心を打つことはできない。

それでは、自己満足のパフォーマンスしかできないだろう。

そこに客観的な目、客観的な感性を加えることで、聴き手により届きやすくなるのではないか。

コンテストの審査員をさせてもらって感じたのは、アーティスト自身が、自分の殻を破っていないように見えたということだ。

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第89回




UKアラモード友よ。

毎年、三重県津市にて開催されている「津の街音楽祭」というコンテストがあるんだけど、知ってるかい?

全国へ向けて募集し、一次審査、二次審査、Final Stageを制したアーティストさんには賞金と記念品が贈呈される。

(賞金は、100万円だったり、50万円だったり、30万円だったり…)

(記念品は、アコースティック・ギターだったり…)

コンテストの内容については、是非、WEB SITEを見てよ。⇒ http://tsu-ongaku.jp/

実を言うと、僕は「津の街音楽祭」で審査員を務めさせてもらっている。

お前が審査員!?

そうだ、僕が審査員だ(すまん)。

今年で、2回目の審査員。

アーティストさんたちにとって大切なコンテストの審査員をさせてもらえるなんて、本当に光栄なことだと思っている。

まだまだ、自分が審査されなくちゃいけない立場なのにね(笑)

審査員を2回させてもらって、気づいたこと。

「人の粗は、よく見える」ということだ(笑)

自分のことなんてこれっぽっちも見えていないのに、人の粗はびっくりするくらいよく見える。

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第88回




UKアラモード友よ。

今回は、前回と正反対のことを言うよ。

(前回の話は何だったんだ!)

「誰も君のことなんて気にしていないし、誰も期待していない」っていう話。

(きびしーーー!)

前回は前回。

今回は今回。

よそはよそ、うちはうち。

(と、よくお母さんに言われなかった?)

でもね。

一見、正反対だと思われる内容だが、実は違うようで同じなのだ。

(ホント?)

最終的に辿り着きたいところが同じだってこと。

(ホントに~?)

まぁ聞いてよ。

例えば、君が会社を辞めようかどうか迷っているとして。

君には夢がある。

(I Have A Dream!)

仮に、このまま会社勤めを続けていたら実現できないとして。

夢を実現するために、行動を起こしたい。

でも。

家族に「会社を辞める」と言いにくい。

「辞める」と会社に伝える勇気もない。

世間体も悪い。

だいたい、辞めたら会社に迷惑を掛けてしまうかも知れない。

よし。

夢は諦めよう。

» この記事を読む

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。