スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIPPER:アーティストインタビュー



RIPPER

今回のアーティスト: RIPPER


・シマダユリコ(Vo./Gt.) / mutsumi・the・RIPPER(Gt.) / Joe(Ba.) / Natsumi・the・RIPPER(Dr.)


Webサイト:公式サイト / 試聴:MySpace


大阪アメリカ村のアンダーグラウンドシーンを中心に活動しています、RIPPERです。

特に音楽的なことは意識してないですが、初期衝動、みたいなものは大事にしたいと思ってます。
何回ライブやっても変に小慣れたくない、というか。
それが良い意味での荒さとかになれば素敵やなあ、と思ってます。




シマダとムツミの2人でスタジオに入っててできました。
「3コードのリフがむっちゃ不良っぽいなあ!悪いなあ!
でもこのままやってもおもんない(面白くない)なあ……じゃあサビで柔らかくしよっか」
みたいな感じで。

で、こんなんやりたい!こんなん入れたい!って言ってたら出来あがったんです。
なので、私達の曲の中で1番、衝動だけで作った曲の様な気がします。




細かい好みはバラバラですけど、高校生のとき練習してたスタジオの店長が40歳くらいのオッチャンで。
ほんまに映画のスクールオブロックみたいな感じで、色々教えてもらいました。
そのオッチャンの影響で60's~70'sのロックがメンバーみんな好きです。特にツェッペリンとか。

同時にアメリカ村のライブハウスに良く遊びにいってたんですけど、そこでやってたのがパンクとかサイコビリーだったりで、最近はハードコアバンドとかと一緒にライブしたりするので、そうゆうアンダーグラウンドなのもとても身近やし、1番リアルに感じますね。



やっぱりライブがいいですね。
ライブで1人のお客さんが手をあげてくれたら嬉しいじゃないですか。
それが5人やったらもっと楽しいし10人やったらさらに楽しい。

じゃあ100人は?500人は?1000人は?
そんなん出来たらむちゃくちゃ楽しいんやろうな、って思ってて。
そうゆう未知の楽しみどんどん感じていきたいな、って思うので、その楽しみを貪欲に追求して、これからも頑張っていきたいと思ってます。

あと来年から近畿から出て日本全国回っていこうと考えてますので、ぜひ、みなさんリッパーのライブに遊びにきてください。
応援よろしくおねがいします!




◆ライブ情報
・2010年12月16日(木)
「END OF ROTTING」
at 大阪アメリカ村 KINGKOBRA

・2010年12日23日(木)
「ギャーギャーズ×Fuzz presents」
at 大阪 堺FUZZ

・2010年12月30日(木)
at 大阪 アメリカ村 socio


※ライブに関する詳細は公式サイトでご確認下さい






ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。