スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第69回




UKアラモード友よ。

今回はとても不思議な、それでいて現実に起こった話を紹介しよう。

三重県津市にて毎年開催されている音楽フェスティバル、「津の街音楽祭」。

僕は今年の音楽祭で、審査員を務めさせてもらった。

いつも審査員を務めていた方が、今回は諸事情により辞退。

その役が、僕に回って来た。

僕は恐れ多く感じながらも、審査員を受けることにした。

「津の街音楽祭」では、全国のアーティストに向けて参加者を募っている。

一次審査は、書類(映像)審査。

ここで残った8アーティストが、決勝戦へと進むことができる。

決勝戦はライヴ審査。

グランプリ受賞アーティストには何と!賞金100万円が贈られる。
(※来年から賞金の額は30万円へ変更)

僕は当然のことながら一次審査から関わったワケだが、その際にとても気になるユニットと出会った。

宮城県仙台市より応募してくれた、母親と娘によるユニット。

応募アーティストの中で、そのユニットは異彩を放っていた。

審査員の満場一致で、ユニットは一次審査を通過。

決勝戦の日。

僕は審査員席で、彼女たちの演奏を聴いた。

内容はとても素晴らしいもので、彼女たちのパフォーマンス中、それまでとは違う「風」が確かに会場を流れていた。

各アーティストへのコメントは審査員が順番でするのだが、彼女たちへのコメントは僕がすることになった。

そこで僕は、自分も宮城県仙台市出身であることを、彼女たちに伝えた。

音楽祭が終わり、僕は彼女たちに名刺を渡した。

「次に三重県へ来ることがあったら、ぜひ僕を頼ってください」と。

それからしばらくして、彼女たちから「三重県を含む東海・関西地方のツアーをする」との連絡が。

僕は頼ってもらえたことが嬉しくて、出来る限りのことをしようと決めた。

10/6、彼女たちと約七ヶ月ぶりの再開を果たす。

僕は自分の家を宿として使うよう、彼女たちに勧めた。

僕自身がそうして欲しかったというのはもちろんのこと、仙台市出身の父親と彼女たちを会わせたかったということも理由のひとつだった。

夜も更けて、珍しく遅くまで起きていた父親に彼女たちを会わせた。

同郷ということで、会話も弾む。

あれは知っているか、これは知っているか…などと地元話が進むうちに、とても不思議なことが。

彼女たちの身内と、僕の父親の身内に、あまりにも共通点が多いのだ。

自分たちの親や親戚がどこかで繋がっていたのかも…と話を進めていたが、その話は誰もが驚く結末へと続いていた。

僕たちが話していたのは、何と「同一人物の話」であったということ。

彼女たちの身内と、僕たちの身内は同一人物…

つまり、僕たちと彼女たちは、近い血縁関係だということが分かった。

同じ血を分けた、「家族」だという事実。

僕たちは皆、文字通り「腰が抜けそう」になった…

今まで何度、音楽を止めようと悩んだことか。

その瞬間、止めなくて良かったと、心からそう思った。

だって、ロックが僕を、家族へと引き合わせてくれたんだから。

僕は、目には見えない大きな力に導かれていることを確信した。

ロックは確かに、僕を導いてくれている。

ロックは確かに、僕の世界を少しずつ変えつつある。

「ロックに足を向けて寝られない」という気持ちが、リアルなものとして、改めて僕に迫ってきた。





お坊さんミュージシャン「釈迦a-la-mode(シャカラモード)」の僧職ファンクshow

あの!

イギリス・ツアーも決定の!

「ぶどう÷グレープ」さんの対バンに呼んでいただきました!
http://www.budogrape.net/


日程:2012年11月3日(土)

会場:名古屋 得三-TOKUZO-
(愛知県名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F )

時間:18時~open 19時~start

料金:前売 2,000円(+ドリンク代) 当日 2,300円(+ドリンク代)




UKアラモード【NEW】『恋するアロマ』
世界へ向けて9/6リリース!(NONROOF RECORDより)

三重のロンドンこと津市からUKの香りをぷんぷん漂わすスイーツポップアーティスト
「UKアラモード」。
津の街音楽祭グランプリ受賞や韓国大邱音楽フェス出演、海外アーティストとの
コラボツアーなど国内外から注目を集めるUKアラモードのデビューシングルが遂にリリース!

2011.09.06.on Sale UKアラモード / 『恋するアロマ』
PRCD-0362 04songs/\1,000(Tax in)/\952(Tax out)
4571259331048


●自主制作CD-R
『Cheese,Onion&Shangri-La』
2008年6月5日発表 11曲入り 1,000円


●1stミニアルバム(KIRAKIRA RECORDよりリリース)
『Love me? Hate you!』
2010年3月21日発表 6曲入り 1,890円


●V.A.(モノポンレコードよりリリース)
『おはよう三重』 ⇒ 佐藤弘道U.K.名義で「恋はレモン」提供
2009年6月3日発表 10曲入り 1,000円



UKアラモード【コラム ライター】UKアラモード
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/uk-a-la-mode/

独特のサウンドのみならず、そのキャラクターやステージパフォーマンスが高く評価され、名実ともに「アーティスト」として活動する。日本を超え、アジアでのイベントに積極的に出演する傍ら、地元三重県のFM番組やイベントにも出演するなど、実に幅広く活動を展開し注目を集めている。現在、三重県鈴鹿市にあるFM局 Suzuka Voice にて、音楽番組 Sunset Vox のパーソナリティを務める。

・メール ⇒ hiromichi_uk@yahoo.co.jp
・ブログ ⇒ http://ameblo.jp/uk-a-la-mode/
・mixi ⇒ 「佐藤弘道」
・Twitter ⇒ 「SatoHiromichiUK
・MySpase ⇒ http://www.myspace.com/satohiromichiuk



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

偶然は、必然

そんな偶然があるのですね。
ご先祖さまの、お導きなのかな。

関わる人たちって、昔必ずどこかで、接点があるひとですよね。
今好きな人が、お父さんであったり、もしかしたら、自分が、母親だったり。
関係は、わからなくとも、何かの形で関わっていた。
偶然、審査員も、必然的に、そうなるように、レールがあって、出会うべくして出会ったのだと。

アラモさんも、仙台市出身なんですね。
仙台市の、大学に四年かよいました。

今は、徳島ですが。
何かのお導きなのかもしれません。
その、出会いを大切にして、志が、同じ親戚というのも、また、意味があると私は思います。
ロックを、目指すなにか、めにみえない道が、アラモさん達にはあるのですね。
CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。