スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆7eyes40days 冨田の「シューゲイザーを聴け!」 第14回




はろーえぶりわん。7eyes40daysとみただよー。
まず一言。君たちに伝えなくてはいけない言葉がある。




メリークリスマス。









じゃなくて、
コラム更新してなくてすんませんでしたーーーー!!!!!




いや、忘れてたわけじゃないんだよ。本当に。うん。ちょっと野暮用がいろいろありすぎてさ。そんでバタバタしちゃって....(ボソボソ





言い訳してすんませんでしたーーーー!!!




だけどね。そんな僕のコラムを毎回楽しみに待ちわびている少年少女たちのために今日は特別企画を持ってきたんだよ。
今までのコラムとは一味違うぜ。
断言しよう。
今までのコラムを見てきた方々。

残念ながらそれは時間の無駄だったようだ!

なぜならコラムという名の日記と化していたのだからな!



しかもくだらん!!

なぜ今このようなことを言うのかというと、たった今見てしまったのだよ。

今まで書いてきた過去のコラムを!!




実にくだらん!!


っていうことで今日はそのもろもろのお詫びとしてスペシャルゲストをお呼びしてインタビューをいたしました。


なんとあの大物ギタリストがこんなコラムのためにインタビューに応じてくれました!(飲みながら)

今日のコラムはインタビュー方式でお送りします!




すごいだろう?仕事できそうな雰囲気満々だろう?

今回のゲストは、
cruyff in the bedroomのギタリスト。サンノヘシゲカズ氏です!

cruyff.jpg


冨「ではさっそくはじめたいと思います。まずはじめに自己紹介のほうをお願いします。」

サンノヘシゲカズ「cruyff in the bedroomのギターのサンノヘシゲカズです。」

冨「シゲさんは僕らのE.P.から音源のミックスをしていただいてまして、 その度にレコーディング時の注意点とかアドバイスをいろいろしてくださって、本当に僕らはお世話になりっぱなしですよね(汗)」

シゲ「本当にねぇ~。何度言ってもわかんないんだもん君たち(笑)」

冨「すみません(笑)」

(ミックスのこともいろいろ聞いたのですが、飲みながらだったためメモをとるのわすれました。てへ★)

冨「シゲさんはシューゲイザーを始めたきっかけとかあるんですか?」

シゲ「うん。そのころユウスケくんとはもう顔見知りで、
お互い違うバンドにいたんだよね。んで、うちのバンドが解散ってなったとき
ちょうどユウスケくんとこのギタリストもやめたときだったから。
そこにユウスケくんが誘ってくれたんだよ。」


冨「おお、結構運命的な出会いですね。」

シゲ「うん、まぁタイミングが良かったってだけで。
もし少しずれてたら俺はきっとクライフにいないだろうし、
結局違うバンドの顔見知りってなってたかもね。」


冨「クライフに入って初めてシューゲイザーをやったってことですか?」

シゲ「そうだね。俺は基本的にエモいほうが好きだからさ(笑)」

冨「そんな気はしますね(笑)シゲさんの弾くフレーズってどこから影響うけてるんですか?」

シゲ「ん~あんまプレイに影響受けてるつもりはないけど、
好きなギタリストがエリッククラプトンだからね。
少なからず影響は受けてるのかな。」


冨「なるほど。さきほどエモいほうが好きとおっしゃってましたけど、 具体的にはどんなものが好きなんですか?」

シゲ「俺はBUCK-TICKが大好きなんだよね。
高校のころはハードロックばっか聴いてたし。」


冨「そうなんですね。ちなみにハードロックは何を聴いてたんですか?」

シゲ「EXTREAM とかMr,Big あとはオジーなんかも聴いてたね。」

冨「僕も最近ハードロックすごい好きで、よくVAN HALENとかDIOとか聴いてますよ」

シゲ「ふーん。」

(僕のギターでMr Bigの[Daddy,Brother,Lover,little boy]を弾きながら上の空、ギターに夢中。。。 )


(あぁ、この人は本当にギターが好きなんだ。。。)


(俺のインタビューなんかより!!)


冨「シゲさんって出身は秋田県ですよね?バンドマンになるために上京してきたんですか?」

シゲ「いや、最初はクラフトマンになりたかったんだよ。
専門学校入ってね。んで学業と平行しながらバンドやってたらデビューが決まっちゃったの。」


冨「なるほど。デビューして大きな変化とかありましたか?」

シゲ「うん、やっぱ繋がりは増えるし、大事にしなきゃなとすごい思うよ。
あとGLAYの[Im In Love]って曲のレコーディングに参加させてもらったことかな。」


冨「え?GLAYの曲に参加したんですか!?」

シゲ「うん、もともとGLAYの方々とは友達で、
そのI'm In Loveって曲はGLAYの友達を集めてレコーディングするってのがコンセプトだったからね。
そこにPRINCESS PRINCESSの中山加奈子さんや富田京子さんがいたことにお~ってなった(笑)」


冨「それは緊張しますね。」

シゲ「いや、大物アーティストさんがいた事にって緊張したわけじゃないよ。
本当はその曲のコーラス参加の予定だったのが急にTAKURO君に
「あ、ギタリストいた(笑)」って譜面とアコギ渡されて(笑)
んでHISASHI君と中山加奈子さんと俺が並んで、初めて聴く曲のギターを弾くことに緊張したな。」


冨「でも当時はいい経験になったんですよね?」

シゲ「もちろん。その後はそういう仕事も増えて
譜面対応はできるようになったんだけど、当時はあまり慣れてなかったのでね。焦りました。(笑)」


冨「その後の仕事の依頼はどのようなものがありましたか?」

シゲ「ファンタスティッククラブマシーンのリミックスやMISIAのDJ EMMAリミックス、DEXPISTOLSのDJ MAARなどのクラブ系が多かったかな。」

冨「ほ~、クラブ系のほうが多かったんですね!では少し話を戻しますが、クライフの音作りはどのように心がけてるんですか?」

シゲ「その曲に合うように作ってるけど。まぁ話し合ってどういう風にするかって感じだな。
音作りに関しては基本的にはユウスケくんのも自分のも僕が作るので。」


冨「僕もエフェクターの音作りはすごい迷いますね」

シゲ「7eyesはエフェクターに頼り過ぎてる部分が多いね。
まぁこういうジャンルだから仕方ないっちゃ仕方ないけど、エフェクターはエフェクター。
道具にすぎないからエフェクターに使われちゃだめだよね。俺もそこは気をつけてる部分だよ。」


冨「アドバイスありがとうございます。精進します! では最後に読者の方々にも一言お願いします。」

シゲ「シューゲイザーと言えば轟音ギターですが闇雲に音をでかくすればよいものじゃないので
耳に優しい音作りを心がけましょう(笑)
また、歪ませすぎて抜けない音作りをしている人も見かけますが
ちょっとゲインを下げるともうちょっと音が抜けてより轟音に聞こえたりします。

あと、若いシューゲイザーギタリストはリズムのことをあまり気にしてないようにも思います。
アルペジオなんかはもちろんのこと、
ファズを踏んでかき鳴らすときでもダウンで弾くかオルタネイトで引くかでも印象が変わるので
そこも気にして演奏するとバンドの音がより引き締まると思います。

僕はギターの話をするのが大好きなので見かけたら話しかけてくれてよいですよ。
怖くないので(笑)




冨「たぶんこのコラムを見ている方々はきっと試してみると思います。
以上、cruyff in the bedroomのサンノヘシゲカズ氏でした。ありがとうございました。」



sige tomi




↓↓↓cruyff in the bedroomのライブ詳細↓↓↓
[MOONGAZE TOUR 2012]
DVD配布ワンマンツアー

1/21(sat) 北海道旭川CASINO DRIVE
guest act/Al Van She's Coming

18:30/19:00
ticket:CASINO DRIVE,e+

1/22(sun) 北海道札幌HALL SPIRITUAL LOUNGE
guest act/FLUKE

18:00/18:30
ticket:HALL SPIRITUAL LOUNGE,LAWSON TICKET


1/28(sat) 宮城仙台enn 3rd 
guest act/lily of the valley

18:30/19:00
ticket:enn,LAWSON TICKET,e+


2/3(fri) 愛知名古屋APOLLO THEATER
guest act/The Clubbers

19:00/19:30
ticket:APOLLO THEATER,TICKET PIA,LAWSON TICKET,e+


2/4(sat) 大阪北堀江club vijon
guest act/PLASTIC GIRL IN CLOSET

18:30/19:00
ticket:club vijon,LAWSON TICKET


2/12(sun) 東京高円寺HIGH

17:00/18:00
ticket:HIGH,e+
adv,3,000/door3,500 inc,LIVE DVD @CLUB Que

2011/3/20
ticket:10/15 on sale


*入場時に別途ドリンク代500円がかかります
*ご来場者全員に2011/3/20に開催された
[CRUYFF IS THE BEST TOUR FINAL@下北沢CLUB Que]
プロショットによるフル収録ライブDVDをプレゼント!



サンノヘシゲカズ氏がギターを弾くバンド
KGSS ON THE PEAKSとdivitronも要チェック!!
↓↓↓KGSS ON THE PEAKS↓↓↓

12/31下北沢CLUB QUE
 
↓↓↓divitron↓↓↓

1/17 渋谷 club asia



てなわけで、こんな感じで本日のコラムは終了したいと思います。


さてさて、来週は涙、涙の最終回です!
それはもう百恵ちゃんがステージにマイクを置くかのように、僕は静かにこの場から立ち去ります。そしてファンは悲鳴に似た叫び声をあげるのです。






「とみたーーーー!!やめんなーーー!!」
 


「とみたくーん!結婚してーー!!」
 
 
だけどその期待には応えられない!結婚は考えてやってもいい!
 




いい娘限定な!!





あと、みなさん。イブの日には高円寺HIGHにくるといい。
恋人とでも家族とでも一人でも。
僕らなりのクリスマスプレゼントを贈るよ。



じゃあ、メリークリスマス。






7eyes40days
Web:http://7eyes40days.com/

2009年結成。
Shoegazer,Alternativeを軸にした、ギターの圧倒的な轟音、タイトなリズム隊との兼ね合いを武器に独自の世界観を構築している。
都内のライブハウスを中心に活動中。



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。