スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムコラム「シンバルの細道」第1回




 
こんにちは。はじめまして。

関西のロックバンドPhysalis(サイサリス)のドラマー、ウマダユウジと申します。


以前というか、ついこの間まで別テーマでコラムを書かせてもらっていたんですが、

編集部より「連載12回(約3ヶ月)終わったし次はドラムについて書きませんか」と打診され、

こんな僕でよければということで書かせて頂く運びとなりました。



と言っても、これを読んで下さる方の中にドラマーがどれだけいるかという話なのですが、

ドラマーじゃない方にも少しくらいは楽しんでもらえる内容を書きたいと思います。

自称「シンバル大好きシンバリスト」でお馴染みの僕。(あくまで自称です)

なので僕の本コラムでのテーマは、ドラムの中でも「シンバル」です。

ドラムにおいて奥が深い楽器です。いえ、全部奥が深いんですけど。



さらにその中で「エフェクトシンバル」に主なスポットを当てて話をしたいと思います。

チャイナシンバル(パーンとかカーンとか鳴る大きいシンバル)だったり

スプラッシュシンバル(パシャンとかパリンとか鳴る小さいシンバル)だったりですね。

あくまで主に、なので、もちろん脱線する予定でもあります。



というのも、シンバルと言う楽器はですね。

いろんなメーカーから、いろんな形、いろんな径、いろんな材質のシンバルが発売されています。

今なお、新たなブランド新たなシリーズを打ち立てては新モデルが生まれています。

その音色は千差万別、組み合わせとなれば無限大。



つまり出会いはすべて運命なのです。

ドラマーがこだわって選ぶシンバル一枚さえ、

運命と呼ばずになんと呼びましょう。



そんな運命の巡り合わせのサポートをしたり、

ちょっとした小話だったりをコラムでは書いていきたいなと思っております。

初心者の方へのシンバル選び、の多少の足しにもなればいいかなと。



このコラムを経て、皆さんの心に

「シンバルラブ!」「奥深い!」「ドラムってなんだか格好良い!」

「ウマダさん、シンバル好きすぎてちょっと怖いッス!」

という気持ちが少しでも芽生えることを願って、連載させて頂きます。

よろしくどうぞ。



あと、ドラマーさん、ドラム好きの方、仲良くして下さいね。

友達が少ないので…。



それでは、拙い文章ではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。



【次回予告】>>『シンバルメーカーについて』



シンバル【今週の気になるシンバル】
『AAX O-Zone Splash 10"』
http://www.sabian.com/EN/products/AAX_O-Zone_Splash_10_21000XN.cfm

どちらかというと"薄い音色"に属するサウンドの中に、特徴的な個性が際立つエフェクトシンバル。水しぶきのような音色がまさにスプラッシュ。見た目のインパクトも十分、上手く使いこなしたい一枚です。


ウマダユウジ
うたうたい、てふてふ」の主要サポートドラマーであり、また多くのアーティストのサポートドラム・パーカッション参加の経験を持つ。シンプルなフレーズと多種の音色を組み合わせながら「フロントマンを生かす」という表現を徹底する。

◆公式サイト http://yudrums.tumblr.com/ / ◆Twitter @umayu_drum
【Recommend YouTube】 http://www.youtube.com/watch?v=v5jqKRLltb4



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。