スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Siberia:アーティストインタビュー



Siberia

今回のアーティスト: Siberia


・Patrik Sourpass (Vo.) / 栗本裕也 (Gt.) / 山口直也 (Ba.) / 鵜浦悦雄 (Dr)


Webサイト:公式サイト / 試聴(MySpace)


東京、埼玉、ソマリアで主に活動している、Siberiaです、どうもこんばんは。昨日はよく眠れたかい?
それはよかった。俺は相変わらず不眠症だよ、昨日の夜やりすぎたせいだね。
嘘を信じる気持ちはどうだい?満たされた女の欠乏、教会の中の売春婦、どうだ?そんな音楽ばかりだろう?

せめてSiberiaでは正直さをもって音楽をやりたいね。今の日本は、たとえ内心邪悪でも笑顔で握手をするような音楽家が多いからね
俺たちは世渡り上手にはなりたくない 俺たちの真実を聴きとってくれよ。



ギターの栗本が、レスポールというギターからストラトというものに乗り換え、ストラトの魅力に堕ちた直後の曲なので、仮タイトルはスットラー。レスポールでは生まれなかった曲だと思う。



過去に囚われていた時に歌詞を浮かべた。そうした前を向けていない人間を揶揄した歌詞になっている。カルトにハマる人間の心理と過去の恋に焦がれる人間の心理は似ている、そう思わないかい?



音楽への姿勢としては、常に音と会話している。
音は宇宙で、宇宙は真実で、真実とは、飾らぬこと。
そこには裸がある。

俺たちは音と裸で会話し、さらけ出すことで、真実をあらわす。
俺たちはファンクバンドだが、同時に、パンクバンドでもある。
パンクとは何か?俺はそれを、「さらけ出すこと」と答える。

今は、包み隠されたものが多すぎる。
ライブでは、真実をあらわすこと。心が叫べば、それが伝わる。
裸になれば、それがわかる。



魂はここにある。
その魂をより多くの人間に伝え、共有する。
そのために、身近な目標として、野外フェスへの参加、伝説を生む。

大きな目標としては日本を変える、原発を超えたエネルギーになる。








※アーティストの活動詳細は公式サイトでご確認下さい!







ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。