スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽人のこぼれ話 第5回「ジャケ買い」




ジャケ買い、というのは皆様ご存知かと思う。音楽で言えば、CDの中身を知らないまま、あるいは多少なり知ってはいるがあまり知らない、という状態のまま、ジャケット(表紙)のデザインに惹かれたり、帯やお店のポップの売り文句などにそそられて買ってしまう事である。

この、ジャケ買い、という行為。行う人と行わない人は大きく大別されるか気がする。僕の周りにも、する人はするし、しない人はしない、そういうものだと思う。

けれど、ぜひともこれは、作り手からの観点も一度、加味して考えて見て欲しい。


自分達の作った音楽に合うイメージを広げたりしているかも知れない。そのジャケットを見ながら音楽を聞いて欲しいのかもしれない。初めて見る人が自分達を認識してもらえるものかも知れないし、自分達を応援してくれる人へのお返しの気持ちをこめているかも知れない。職業としての「ミュージシャン」とは言え、買って初めて聞ける「音楽」だけでなく、買わずとも目に留めてもらえる「表紙」も含めて『作品』を作り、世に送り出してていることに間違いはないのだから。(もちろん、雑誌や、一般的な商品の箱にもそれは当てはまる)

そして、表紙だけを気に入って買ったとしたのなら、ぜひともその中にある「音楽」という中身も愛して頂きたい。「音楽」だけに値段をつけている訳ではないのだから、以前に書いたオリジナルカラオケのトラックと同じく、買った以上、あらゆる部分を堪能して、買ったという事実を、対価としてのお金を払って手に入れた物すべてを、余すところなく楽しんでもらいたいのが、ミュージシャンの喜びなのである。

しかし。しかしながら。

万が一、どんなに頑張っても中身がお好みにそぐわなかった場合は、せめて綺麗に飾ってあげて欲しい。あなたが気に入ったジャケットを、少しでも多く、目に付くところに置いてあげて欲しい。

音楽人として音楽を愛されるのは嬉しい。が、もしも音楽が好みに合わないというのなら、せめて音楽じゃない部分でも、愛してもらえれば、それは作り手として嬉しいのだから。


ウマダユウジ
うたうたい、てふてふ」の主要サポートドラマーであり、また多くのアーティストのサポートドラム・パーカッション参加の経験を持つ。シンプルなフレーズと多種の音色を組み合わせながら「フロントマンを生かす」という表現を徹底する。

◆公式サイト http://yudrums.tumblr.com/ / ◆Twitter @umayu_drum
【Recommend YouTube】 http://www.youtube.com/watch?v=v5jqKRLltb4



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。