スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第1回




UKアラモードへロー!ジャパニーズ ロケンローピーポー!
ワタシハ「ミエケンツシロンドン」カラヤッテキマシタ
【UKアラモード】トモウシマース!

そこの君!こんにちは、はじめまして!

「三重県津市が誇る 愛すべきおしゃべり男
レモン系 歌のお兄さん UKアラモード」とは
僕のことデース!

知ってました?
あっ、知らない?

では、今から友だちになりましょう!


君はもう僕のことを知っているし、
僕もこれから君のことを知ることになるだろう。
さぁ、これで君と僕は友だちだね。


さて、愛すべき友よ、
今から少しだけ僕のことを話そうか。


僕は、三重県津市を拠点に「歌のお兄さん」をやっている。
ほとんどの人は僕を「UKさん」と呼ぶが、
もうひとつの名前が「佐藤弘道」というものだから、
中には「弘道お兄さん」と呼ぶ人もいるよ。


君は、好きな方で呼んでくれ給え。


三重県の人はみんな、僕のことを知っているはずだ。
もし君に三重県の友だちがいたら聞いてみるといい。
もし知らないと言われたら、そう、君が教えてあげるんだ。
頼んだぜ、友だちよ。


僕はバンド演奏もするが、弾き語り(僕の場合は「弾き喋り」)をしたり、
DJをしたり、時にはトークライヴなんかもしたりする。

僕のステージはいつも、冒頭に言ったセリフでスタートするんだ。


今回から、ここにコラムを連載させてもらうことになったのだが…
実は、CDのレビューを書いたりもしている。
読み書き喋りが大好きだからね。

まぁ、この話はまたいずれすることになるだろう。


おっと、気がついたら僕の話ばかりしてしまったね。


そろそろ、君のことを教えてくれよ。


君はバンドマン?それともソロ・アーティスト?
バンドやアーティストを支えているマネージャー?
それとも、
PA等の音響関係、
照明等のステージ・プロデュース、
またはレコーディング・エンジニアを目指しているのかな?
もしかしたら、
音楽は聴く方が好きだという音楽ファンかも知れないね。


まず、最初に話しておくよ。


決して忘れないで欲しいのは、音楽に携わっている者というのは、
それがバンドマンであれ、いわゆる「裏方さん」であれ、ファンであれ、
みんな、平等な仲間であるということなんだ。
誰一人欠けても、音楽は成立しない。
音楽は、みんなで創り上げてきた、大切な宝物なんだよ。

そうやって歴史の中で創造されてきた音楽を、
先輩たちから贈り物として受け取り、
時には育て、時には壊し、時にはそのままのカタチで保存して、
そして次の世代へと受け継いでいく。

それが僕たちの役目だ。


君は、こういう話を知ってるかい?


1969年にアメリカで行われた、
かの有名な「ウッドストック・フェスティバル」というのは、
レコード会社でもミュージシャンでもなく、
ファンによって作られたフェスであるということを。

音楽ファンたちが、素晴らしい音楽を世の中に届け、
歴史に残したいという一心で作られた「ファン発信型」のフェスティバルだったんだ。
ウッドストックに出演したことがきっかけで、
世に認められたというミュージシャンも多い。


ミュージシャン、アーティスト、
裏方さん、ファン、
皆がひとつの絆で結ばれ、ひとつの目的の元で結束した素晴らしい例のひとつだね。



君に、頼みがあるんだ。

もし君が
アーティストやミュージシャンだったとしても
裏方さんだったとしても
音楽ファンだったとしても、

どうか、今以上に音楽という財産を愛してあげて欲しい。
音楽を
もっともっと大切にしてあげて欲しいんだ。


なぜ僕が、こんな頼みをするのか?


それは
今の世の中、
音楽はもう必要とされなくなっているのではないか?
そういう思いがあるからなんだ。
君はどう思う?


かつて、音楽はイコール、アートだった。
アートというのは芸術、芸術というのは生活を豊かにするものだ。

人生というものは、とにかくつらいことが多い。
それでも僕たちは、生き続けなくてはならない。

そんな毎日を、楽しく豊かにしてくれるものがアートであり、音楽だったんだ。


君の周りに
音楽を演奏することも、聴くことも止めてしまう人がいるだろう?
僕の周りには、いっぱいいるよ。

それはなぜか?
それは、ミュージシャンでは生活をしていけないからなんだ。
皆、自信を無くし、世の中に幻滅し、活動を止めてしまう。


21世紀、音楽は「お金」にはならない。
世のビジネスマンたちの動きを見れば、それはすぐに分かることだよ。
誰か、「音楽」「芸術」のみをビジネスにしているビジネスマンがいるかい?


でも
それでもなんとか活動し続けているバンドマンたちがいる。

それはなぜか?
彼らには、音楽やファンに対する誠実さがあり、その誠実さを貫き通す気骨があり、
そして
彼らには、彼らを本気で愛してくれるファンやスタッフの存在があるからなんだ。

分かるかい?

つまり
先輩たちから受け継いだ音楽という財産を
次の世代に渡せるかどうかは
僕や君がどれだけ音楽を愛し、大切に出来るか
この一点に懸かっているんだよ。


これから僕がこのコラムで書こうとしていることは
マニアックな機材のことや、
作詞作曲講座ではない。

これからのミュージシャンやアーティストが
どうやったら21世紀に足跡を残していくことが出来るのか
そのことを
君と話し合い、考えていきたい。

それは、
僕自身が現役のアーティストだから。

僕自身が、君からヒントを与えてもらうことを願っている。


君の意見も聞かせてくれるかい?





●1st アルバム(自主制作盤 CDR)
『Cheese,Onion & Shangri-La』
2008年6月5日リリース 11曲入り

●2nd アルバム(KIRA KIRA RECORD)
『Love me ? Hate you !』
2010年3月21日リリース 6曲入り

●3rd ミニアルバム(NONROOF RECORD)
『恋するアロマ』
2011年8月リリース予定 4曲入り



・2011年7月2日(土)大阪梅田「amHALL」 
・2011年7月23日(土)三重県津市 CAFE・RETRO・LIVE「Tower-Z」
 UKアラモードpresents「sugar a la mode vol.3」

ほか




・2011年6月25日(土)三重県津市 CAFE・RETRO・LIVE「Tower-Z」
 UKアラモードpresents「お昼から無料トーク&DJライヴ」


UKアラモード【コラム ライター】UKアラモード
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/satohiromichi-uk/

独特のサウンドのみならず、そのキャラクターやステージパフォーマンスが高く評価される、名実ともに「アーティスト」として活動する。日本を超え、アジアでのイベントに積極的に出演する傍ら、地元三重県のFM番組やイベントにも出演するなど、実に幅広く活動を展開し注目を集めている。

・メール ⇒ hiromichi_uk@yahoo.co.jp
・ブログ ⇒ http://ameblo.jp/satohiromichi-uk/
・mixi ⇒ 「佐藤弘道」
・Twitter ⇒ 「SatoHiromichiUK
・MySpase ⇒ http://www.myspace.com/satohiromichiuk



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。