スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽人のこぼれ話 第2回「楽器と公共スペース」




音楽人は、たいてい、楽器を持って移動している。


有名なミュージシャンともなれば機材車で搬入したり移動したりもするが、大半の音楽人、いわゆるインディーズミュージシャンや趣味で音楽をする人は公共の交通機関を使って、機材を抱えて移動することが多い。


そんなとき、楽器の分だけスペースを取ってしまうことが、問題になる。問題にならずとも、少しばかり、邪魔だと思うことはないだろうか。


普通の人にしてみたら、なかなか持つことのない大きさの荷物である。楽器を扱わない人にしてみたら、そんな大きな荷物は邪魔に映るかもしれない。


だが、考えてみて欲しい。
楽器を持つ彼らは、汗水流して働いたお金で、その愛しい楽器を買い、これから鳴らしに行くのである。


楽器は、音を奏でてこそ、生まれてきた価値がある。


あなたが邪魔に感じるかも知れないその場所は、あくまで、出陣の道中なのだ。もしくは、その日に果たす役目を終えた、勇ましき凱旋かも知れないのだ。


楽器の持つ価値を発揮する場所への出陣を力強く送り出せたとき、またその凱旋を快く讃えられたとき、生まれてきた楽器も、その奏者たる彼らも、より素敵なものになるのではないだろうか。


どうか暖かい目で見てあげて欲しい。楽器を愛する彼ら彼女らは、決して、好きで空間を圧迫したい訳ではないのだから。


時々は、人がいないと思って気が緩み、少しだけ余分に場所を取ることもあるかも知れない。そのときは優しく「頑張っていらっしゃるんですね」と一言添えて動かして欲しい旨を伝えれば、間違いないだろう。


公共の場所でスペースを取らざるを得ない楽器たちを、ただ邪魔だと言い捨てるのは、少しだけ待って欲しい。もちろん、音楽人も、他の方に迷惑を掛けない振る舞いであって頂きたい。大事なのは「共存」である。



ウマダユウジ
うたうたい、てふてふ」の主要サポートドラマーであり、また多くのアーティストのサポートドラム・パーカッション参加の経験を持つ。シンプルなフレーズと多種の音色を組み合わせながら「フロントマンを生かす」という表現を徹底する。

◆公式サイト http://yudrums.tumblr.com/ / ◆Twitter @umayu_drum
【Recommend YouTube】 http://www.youtube.com/watch?v=v5jqKRLltb4



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。