スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆「杉山裕のちょっと一曲」 第2回




こんにちは!杉山裕です!

第2回となりました、第1回目が好評なようで嬉しく思っています。

僕は記事に向かって『アクション』していますので、どこかで『Reアクション』をいただけると嬉しいですね!


さて、今回も1回目に続きまして、ライブ音源です!

これも結構録れたてですが、4月1日に行われました、杉山裕主催のイベント『YOU&ME Vol.2』よりライブ音源です!

これは自宅の機材をライブハウスに持ち込んでの16chマルチトラックレコーディングしました!

とは言っても、やはりライブなので、音質とかいう意味では良く無いですが、勢いのある一曲をチョイス!

ひとまず聴いてください!



「青春」
(LIVE at 下北沢THREE / 杉山裕+BAND)



<携帯の方はこちら>



僕にとって青春というのは音楽を作る上での一つの大きなテーマです。

でもそれは、誰もがテーマにしやすい内容で、ミュージシャンの多くもやってる。

漫画にも青春ものは多いし、映画にも多い。


でも、その多くが、キラキラした青春を描いたもの。

もしくはひどく情けない時間を描いたもの。


盗んだバイクで走り出し、夜の校舎、窓ガラス壊して回った歌、他校の不良と河原で決闘した漫画、どうしようもない悶々とした日々が逆に輝きに向かうようなロック映画。


もちろんそういう作品に触れ、一時的にストーリーの主人公のような気分にはなるが、僕の青春を思い返すと、そうでもない。


うん。そうでもない。

というか普通じゃないのか?とさえ思う。


そこそこだ。

本当にそこそこの青春だ。


ただ本当に本当の青春を考えた時に多くの人は両極端で生きた人は少ないんじゃないかと思う。

皆、何にも無かったわけじゃ無いけど、今考えれば、それなりの青春を過ごしたなーと。



でも、僕は中学校の頃、ちょっと特別な環境にいた。

体育教師をしていた父親がその僕の通う中学にいたのだ。

兄が2個上にいたのもあって、4人家族の3人が同じ中学校にいるという。(参観日で母が来ると4人揃うという)


しかも父親は体育教師=学年主任=不良取り締まり係。


兄は非常に優秀だったので、特に問題視はされず、その分俺は、優秀でもなく、悪くもなれず、空気のように、なんとも言いがたい時間を過ごした。



column03_02_01.jpg※(写真)1年3組杉山裕。この空気感と髪型が物語る。



理由の無い反抗心と言葉の無い闘争心を持った友人に囲まれ、父親の存在に挟まれ、やっとの思いで卒業した時は、尾崎豊ばりの自由を手にした。と思った。


高校に上がって、恋もしたし、本当にバカできる友達もいた。


書くことが無いくらい、立派な青春だった。


そう。普通だなって。


でもそんな普通の中にある、青春を歌いたいなと思いました。




青春

作詞/作曲 杉山裕

1年3組一番後ろの席で、学生服の袖から通したイヤホンでパンクロックを聴いていた。

あの娘の横顔を何度も何度も盗んでは、好きなバンドの名前と一緒にノートに書いた。

※前歯の欠けた先輩は尖ったナイフのような目つきで目立ったあいつの事を睨む。
僕は空気のような気持ちで、集団にまみれて、なんだかゴニョゴニョしていたんだ。

校舎裏のプールへ続く、非常階段でタバコを吸う悪い金髪と愉快な仲間たち。

プールの時間は憂鬱だった。一度ラリアットをマジでくらったことがある。

※理由なき反抗心、言葉無き闘争心。おまけにセンス無いイカれた友人。
そんなに悪くはなれないし、かといって良くもなれない。ただただそれが青春だった。

ハイカットコンバース、足先はすぐに、凍えるような冬空の下でカチカチになった。

肉まんを買って帰る野球部のやつら、合唱部は努力家だから学校に遅くまで残った。

※ザクロの木の実を取りすぎて、先生に叱られたって、反省する気はサラサラなかった。
朝礼で貧血になって、倒れるくせして足が速い、浅見君は何をしてる?

修学旅行古びた寺を、歩いた足で、しこたま酒を買いこんで体育教師にばれた。

反省文を旅館で書いた。その時山田がマジで悪かった。

※嘘つくほど器用じゃないし、それでもなんだかモヤモヤするし
やっぱり僕も少し頭がイカれてた。
先生あたなはかよわき大人の代弁者だとは思わないけど、笑ってみせた。

君に出会ったのは五月の初め、セーラー服の下に着ていた
黄色いシャツがまぶしかった。
この世で一度も見たことのない笑顔で、僕はもう自分自身を見失った。

※誰かを好きになることは、ホントにドキドキするよね。
その誰かに告白するのは、もっとドキドキするよね。

不気味な満月を恨んだ。結局好きって言えなかった。悔しくて後でメールした。

※理由なき反抗心、言葉無き闘争心。おまけにセンス無いイカれた友人。
そんなに悪くはなれないし、かといって良くもなれない。ただただそれが青春だった。

思い出は卒業アルバム、じゃなくて僕の心のアルバム。いつまでも残ってくんだ。

ただただそれが青春だった。

ただただそれが青春だった。


◆ライブ音源なので一部歌詞と違う部分があります。

『杉山裕+BAND』
杉山裕(AG+VO)、新田浩平(Dr)、渡邊壮太(Ba)、近田崇仁(Eg)






◆4月20日(水)
高田馬場 四谷天窓
浪江タツヤ企画「29度目の正直!? 桜の歌会」

op:18:30 st:19:00 ¥1500(ド別)

浪江タツヤ
杉山裕
ふうじんざ
篠木晋也
(出張料理店「晦」出店)

フォークとロックとアイリッシュとポップとうまい飯!巷を賑わす実力派ミュージシャンが揃いました!春の夜に花を咲かせます!杉山裕の出演は19:00からです!

チケットのご予約はohayouking6126@kce.biglobe.ne.jpまで、お名前、枚数をご記入の上ご連絡ください!


◆リリース情報
2011年2月NEW ALBUM【kaika】が 2011年2月17日に発売されました!

─────────
『kaika』 全5曲入り 紙ジャケット仕様 
1枚 1000円
1. 平凡ロックスター
2. 手紙
3. 夏と雨は君と僕
4. くるまり
5. YOU&ME
─────────
またmyspaceより2曲試聴ができます!
試聴の方はmyspaceへ!
お買い求めの方はメールにて、名前、住所、枚数を記入の上、ご連絡ください!
disk unionでも店頭販売してます!!以下取扱い店舗になります。

・お茶の水駅前店 ・新宿本館地下1F 日本のロック・インディーズ館 ・下北沢店 ・中野店 ・吉祥寺店 ・国立店 ・町田店 ・淵野辺店 ・横浜関内店 ・横浜西口店 ・津田沼店 ・千葉店 ・柏店 ・北浦和店 ・池袋店 ・渋谷中古センター ※disk unionオンラインショップでも販売中。

 

杉山 裕
Web:http://www.sugiyamayou.com/
数々のバンド活動を経て2009年ソロ活動へ転身へ。独特の世界感から紡がれた言葉は聞く人の想像力をかき乱す。新しいフォークソングの形を模索しながら、都内を精力的に活動中。

※杉山裕(1986年12月26日生 埼玉県秩父市出身)【座右の銘】余裕とユーモア=余裕ーモア【好きな言葉】無条件な情熱と爆発


◆杉山裕official site
http://www.sugiyamayou.com
◆myspace
http://www.myspace.com/sugiyamayou
◆杉山裕の飽くまで日記(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/ohayouking6126/?blog_id=1756091
◆mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=22257463
◆twitter
http://twitter.com/sugiyamayou
◆YOUのSTREAM
http://www.ustream.tv/channel/%E6%9D%89%E5%B1%B1%E8%A3%95stream



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。