スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆「杉山裕のちょっと一曲」 第1回




はじめまして!杉山裕(すぎやまゆう)と言います。

第一回目!『杉山裕のちょっと一曲』

このコーナーでは、シンガーソングライター杉山裕が毎週一曲(日曜日更新)、その時の気分で曲をアップしていきます。



新録音源もあるでしょうし、ライブ音源もあるでしょうし、昔の恥ずかしい音源もあるでしょう。

音楽制作が生活とともにある僕にとってこれは結構実験的で新鮮な気持ちです。

生まれそうで、生まれなかった曲、昨晩、最高だと思った最低の歌詞とか、好きにやれたらと思います。



まず、僕の自己紹介 的なことをするのが筋ですが、歌を歌っているということくらいで、楽しいことは一つもないですね。

ひとまず、音楽を聴いてもらうのと、セルフライナーノーツを呼んでみてください。

初回は録れたて音源です。

先日、4月5日下北沢THREEにて行ったライブの音源です。



「春の憂鬱な君へ」


<携帯の方はこちら>



4月春ということで、僕の中にある春の曲をチョイスしました。

でもポカポカでハッピーかと言うとそうではなく、僕は四季の中で春だけは、なんだか好きではないのです。

学生にとっても、社会人の方にとっても、春というのは、終わりと始まりが同じ時期にやってくる季節だと思います。

僕の住む町にも大学があり、学生は商店街の飲み屋で新歓パーティーやら、新しいサークルの飲み会などで溢れかえっています。

駅前で輪になって、2次会の場所を決めたり、お酒をろくに飲んだことのない酔い潰れた女の子の介抱をしたり、胴上げをしてみたり、実にそれは目覚ましき春の瞬間です。



皆、出会いと喜びのパッションに身を包み、栄光のデビューを果たすのです。



そんな場所を横切るたびに僕は、新しいスタートについてほそぼそと考えます。



そして、社会人になった人は、先輩、上司に笑顔でふるまい、慣れない環境でも必死にもがきます。

心の中で中指を立てながら、歯をくしばりながら。



column03_01_01.jpg思い返せば、高校3年春、大好きだった一つ年上の彼女が卒業してしまい、別れがきました。

僕は桜の色さえも悲しく思えて、その春、一人夜行列車に飛び乗り、京都の天橋立というところへ向かいました。

まさしく青春のセンチメンタルジャーニー。

東京駅、23時50分発。

青春18切符を駆使して、鈍行、特急を乗り継ぎ、着いたのが、天橋立でした。

日本3景に選ばれるそこは海沿いの不思議な街。

海沿いで、一人体育座りをして、黄昏れていると、一眼レフカメラを持った女性が一人。



『おいさん、どっからきたん?』

と声をかけられた僕はホロリ、そしてはんなり。

彼女は立命館大学に通う、写真サークルの子でした。



『波しぶきの写真を撮っているの』

当時、17歳の僕は、そのよく理解できない芸術性に惚れそうになりました。

一瞬の恋というのはあるものです。



『最後に一枚撮らして。』



そうカメラを向けて、僕を撮りました。



ライダースの革ジャン姿で、死んだ魚の目をしたような僕が映っているでしょうね。



その後、会うわけも無く、何をしているか、たまに気になります。





そして、あれからずいぶん経った、初々しくも無い今年の春にポソリとこの曲を歌うのでした。

皆さまの春はいかがでしょうか?



春の憂鬱な君へ

作詞、作曲 杉山裕

街の中に春が来ても、心の中で望んでいない。
南風に寝転んだまま、夜逃げした日にやってくる。

僕は何も新しくないのに、春を迎えてしまったよ。
ずいぶん昔の話もコロリ、僕に甘えて抱きついた。

※いい気分だね、君の街は、暮らしやすいね、人がたくさんいるね。

引っ越しなんて考えてないのに、荷物をまとめ家を出たよ。
夜汽車に揺られ、海沿いの街まで、誰も知らないところまで。

桜色の憂鬱に埋もれて、写真をパチリ撮ったなら
紙とペンで想いを馳せる、そろそろ田舎に帰ろうかな。

※ いい気分だね、君の仕事は、忙しいね。笑顔がたくさんいるね。

心ここにあらずとしても、枕を濡らす、夜が来て、
おばけのような気持ちになって、ふらりフラフラ出歩いた。

※ いい気分だね。君の顔は、よそよそしいね。思い出が笑っている。

※ いい気分だね。君の心は、すがすがしいね。春の憂鬱な君へ。





◆リリース情報
2011年2月NEW ALBUM【kaika】が 2011年2月17日に発売されました!

─────────
『kaika』 全5曲入り 紙ジャケット仕様 
1枚 1000円
1. 平凡ロックスター
2. 手紙
3. 夏と雨は君と僕
4. くるまり
5. YOU&ME
─────────
またmyspaceより2曲試聴ができます!
試聴の方はmyspaceへ!
お買い求めの方はメールにて、名前、住所、枚数を記入の上、ご連絡ください!
disk unionでも店頭販売してます!!以下取扱い店舗になります。

・お茶の水駅前店 ・新宿本館地下1F 日本のロック・インディーズ館 ・下北沢店 ・中野店 ・吉祥寺店 ・国立店 ・町田店 ・淵野辺店 ・横浜関内店 ・横浜西口店 ・津田沼店 ・千葉店 ・柏店 ・北浦和店 ・池袋店 ・渋谷中古センター ※disk unionオンラインショップでも販売中。

 

杉山 裕
Web:http://www.sugiyamayou.com/
数々のバンド活動を経て2009年ソロ活動へ転身へ。独特の世界感から紡がれた言葉は聞く人の想像力をかき乱す。新しいフォークソングの形を模索しながら、都内を精力的に活動中。

※杉山裕(1986年12月26日生 埼玉県秩父市出身)【座右の銘】余裕とユーモア=余裕ーモア【好きな言葉】無条件な情熱と爆発


◆杉山裕official site
http://www.sugiyamayou.com
◆myspace
http://www.myspace.com/sugiyamayou
◆杉山裕の飽くまで日記(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/ohayouking6126/?blog_id=1756091
◆mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=22257463
◆twitter
http://twitter.com/sugiyamayou
◆YOUのSTREAM
http://www.ustream.tv/channel/%E6%9D%89%E5%B1%B1%E8%A3%95stream



ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。