スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smallmusic:アーティストインタビュー



smallmusic

今回のアーティスト: smallmusic


・安達蔵馬 (Gt./Vo./Synthesizer) / 岡本真希 (Vo./Key.) / 伊藤祐輔 (Ba.) / 板垣博之 (Dr.)


Webサイト:公式サイト / 試聴:MySpace


安達(Gt/Vo/Shy)
初めまして!東京都内を中心に活動させて頂いておりますsmallmusicと申します!
拠点というのは特にないのですが新高円寺、渋谷、下北沢でライブをやっています。

smallmusicは男女ツインヴォーカルで鍵盤2台を軸とした4つ打ちポップサウンドです。
楽曲へのこだわりは聴きやすく耳に残りやすいキャッチーな楽曲を目指しています。
歌詞のコンセプトも恋や季節感や風景に感化された素朴な人の心をシンプルな言葉で描写するよう心がけています。




安達
気に入って頂けてありがとうございます(笑) 今ここで歌いましょうか!?(笑)
まだ僕がフロントで歌いながらギターロックをやってた頃からある曲でして
その当時はギターがジャガジャガ鳴りつつもシンセがピコピコ動きつつ
男女ツインヴォーカルで歌う曲がほしいなぁと思いこの曲を作りました。
現在のsmallmusicのジャンルの礎になった代表な曲ですね。

僕は光とか輝きとかそういうキラキラした表現が好きなので曲も歌詞もマッチしたと思います。
ちなみにタイトルは僕の大好きなアニメ「マクロス7」のファイアーボンバーの曲名ではありません(笑)




岡本(Vo/Key)
あまり感情を込めて歌わずに、ただひたすら可愛く歌おうと心がけました。
この曲はツインで歌っているので、女性が歌う良さと男性が歌う良さを聞いてどちらも楽しんで頂けたらと思います。

安達
人工ボーカロイドという意識で加えたエフェクト感で心地よい無機質感が出てたと思います。
無機質の中にも歌詞の内容は温かい感じなのでそのギャップも面白いと思います。
男女のハモリもあればコーラスもありユニゾンもあるので
短い曲の中で色々とアプローチができたと思っています。




安達
smallmusicはまだまだ発展途上なバンドです。ジャンルも方向性もまだまだ模索中です。
これからの活動やアイデア1つで化ける可能性もあります。

ガツガツやってるようなライブバンドでもないですし、モテたいやらCDが売れたいやらのために
バンドはしていません、というとバンドマンとしては嘘になりますが(笑)

一人の音楽人としてsmallmusicで良い音楽を作り続けて、それを求める人へ提供して
少しでも音楽業界で長生きしたいですし、その中で楽曲も人間性も愛され信頼される
ミュージシャンを目指して頑張ります。これからsmallmusicをよろしくお願いします。

今後の活動は…今年から大殺界に入る僕のお祓(はら)いをしてから考えます、というのは冗談で(笑)
今のところ予定はないのですが、またスケジュールが決まれば是非ライブに遊びにきてください!!

長々となりましたが読んで頂けましてありがとうございました!!




◆ライブ情報
・2011年02月14日(月)
「wild gun crazy presents"バナナフィッシュにうってつけの日 vol.3"」
at 下北沢CAVE-BE


◆ポッドキャスト情報
・HOTAL☆MUSIC HOUR
http://www.voiceblog.jp/setsureibotaru/


※アーティストの活動の最新情報は公式サイトでご確認下さい






ブログパーツ
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。