スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第85回




UKアラモード友よ。

君は「メジャー」と「インディーズ」、どちらの人間だい?

まぁ、わざわざカテゴライズするのもナンセンスかも知れないが…

今日は少しだけ我慢して、僕のへ理屈に付き合ってくれるかい?

僕と話している多くの友はきっと、「メジャーを目指しているインディーズの人間」なんだと思う。

そこで、改めて「メジャー」と「インディーズ」について考えてみたんだ。

恥ずかしながら僕はつい最近まで、インディーズとは「メジャーになれない人たちが使う受け皿のような言葉」だと思っていたんだよ。

» この記事を読む

スポンサーサイト

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第84回




UKアラモード友よ。

二回もお金の話が続くと、少々ヘヴィだろう?(笑)

「仕事とお金」の話を人に伝えるのは、本当に勇気のいることだ。

それはなぜか。

僕が、ミュージシャンとして未だたくさんお金を稼いだことがないからだ(笑)

「ミュージシャンとして」と言ったが、もちろん何の職業でもたくさんのお金を稼いだことはない(笑)

これについてはあくまで僕自身の考えを伝えたまでで、本来は核心を突けるくらい勉強するべきなんだろうな。

そう。

もちろん自分のことも含めて言うが、「お金を稼ぐ」ということについて、21世紀型ミュージシャンはもっともっと勉強するべきなのだ。

「誰かが何とかしてくれるだろう」では、頼りない。

「ミュージシャンなんだから、音楽のことだけ考えていれば良い」では、甘い。

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第83回




UKアラモード友よ。

前回は、ギャラについて君と話したね。

僕はラジオのパーソナリティをしている関係もあり、とてもありがたいことに、日々たくさんの方と出会う機会を授かっている。

出会いの中で、質問できるチャンスがある時は必ず聞くんだ。

「仕事への想いと、これで収入を得て生活をしていくんだという気持ちと、どうバランスを取っているんですか?」と。

アーティストだけではなく、様々な職種の人たちが仕事と収入についてどういう考えを持っているかということに、とても興味があるんだ。

このことについて、たくさんの方から意見をいただいた。

その中で、ある音楽アーティストさんの意見が特に印象深かったので紹介しておこう。

その方は、「すべてを一直線にする」と教えてくださった。

まず何よりも、アーティストは「表現」をするべきだ。

例えお金が欲しいからと言って、自分に嘘をついてはいけない。

聴き手の好みに合わせることだけを、重視してはいけない。

だいたい、自分に嘘をついてステージに上がったとして、それで最高のパフォーマンスができるのであろうか。

でも現実問題として、お金を得ないことには生活していけない。

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第82回




UKアラモード“satisfaction guaranteed”

意味は、「楽しめること請け合い!」といったところだろうか。

友よ。

今回は“guarantee”つまりギャラについて、話そう。

すべての活動にとって生命線とも言える、ギャラ。

友よ。

君はライヴをする時に、その対価としてギャラを得ているか?

そうだろう、得ていないだろう(笑)

国内のミュージシャンは、「得ていない」と答える人の方が多いのではないだろうか?

不思議じゃないか?

生命線とも言えるようなことなのに、なぜ誰もこの問題を口にしないのか?

それは、「何となく」なレベルで、アートとお金が結びつかないからではないのか。

例えば、「僕はお金のために音楽をしているワケじゃない!」と言うと、その人の音楽が本物に思えたりする。

聞えもいい。

反対に、「お金をもらえないなら、演奏しない!」などと言うと、中味の薄い音楽に思えてきたりする。

不思議だ(笑)

でも、よく考えてみて欲しい。

この世に、「対価のない仕事」なんていうものは存在するのだろうか?

» この記事を読む

◆UKアラモードの~ギターを捨てよ、町に出よう~ 第81回




UKアラモード2013年 元旦。

友よ。

年が明けたね。

君の思う、昨年の「良かった部分」はそのまま続け、「悪かった部分」はいったん横に置いて、気持ちを新たに前進しようじゃないか。

少なくとも、昨年のクヨクヨはもう、昨年に置いたままでいい。

かと言って、「今年は絶対に飛躍!」などと力む必要もない。

だいたい、「飛躍」するなんてことは並大抵のことではない。

大きな目標を立てて達成できずに心折れるなんてことは、今までで、すでに経験済みだろう?(笑)

達成できない目標なんて、必要ない。

そんな目標を立てる時の君は、最初から「多分、達成できないだろうけど…」とあきらめているはずだ。

現実的でない目標は、必要ない。

やるべきことを続けていけば、やがてはそれが、自ずと現実的なものとなってくるはずだ。

だから今は、遠くを見なくてもいい。

今日やるべきこと。

明日やるべきことだけを考えればいい。

大切なことは、「継続する」こと。

身近な課題、今日できる課題を、とにかく継続すること。

» この記事を読む

CM動画


[紹介記事を見る]


リスペクトアーティスト
Twitter
人気記事はコチラ!
カテゴリーRSS
Sound Flowerとは

SoundFlower

全国に埋もれたアーティストを、より多くのリスナーに届けたい!素敵なアーティストを取り上げたい!そんな気持ちで作り上げるWebメディア企画『アーティスト情報発信メディア Sound Flower』です!

SOUND FLOWER
▼運営
[SOUND FLOWER RECORDS]

アーティストの活動をサポート・プッシュアップする企画レーベルです。よろしくお願いいたします!

SFオムニバス
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。